Home

龍馬 暗殺

坂本龍馬暗殺事件 坂本龍馬は33歳の時 (慶応3年11月15日)、京都近江屋の二階で午後9時すぎ刺客に襲撃されて死亡しました。�. この映画と、次に取り上げる映画の二作からは、当時のバブルの匂いがプンプンしてくるように感じる。 ここで取り上げたのは、この作品には大変申し訳ないけど、それを言いたかったのが強くて、この後1991年に公開された『幕末純情伝』(「実は沖田総司は女だった。」ということで、沖田総司を女優・牧瀬里穂さんが演じている。)と同様に、どこか腰が座らないフワフワした印象を受ける。 「龍馬を斬った男」佐々木只三郎を演じる萩原健一さんも、坂本龍馬役の根津甚八さんも好演だと思うのだけど、どうしても冗長に感じてしまうのは私だけだろうか?. See full list on ryo-ma. 龍馬たちを殺した犯人は、自らを十津川郷士とつかわごうしと名乗っていたそうです。 しかし、いまだにその犯人は特定されているわけではありません。 龍馬暗殺の犯人は、今なお幕末最大のミステリーとなっているのです。. 産経west 産経west pr 記事詳細. 龍馬が暗殺されたのは、江戸時代末期の慶応3年11月15日(1867年12月10日)。 大政奉還の1ヶ月後。 場所 は、京都の由緒ある醤油屋で近江屋です。 坂本龍馬と中岡慎太郎が暗殺されたこの事件「近江屋事件」は、今も尚、途切れることなく語りつがれています。.

関連記事 >>>> 「【江戸時代】に活躍したその他の歴史上の人物はこちらをどうぞ。」. 慶応3年11月15日(1867年12月10日)、龍馬は風邪をひいていた為、普段使っていた土蔵から、母屋の2階に移動していました。 その日は2回ほど出かけた後、中岡慎太郎・岡本健三郎が訪ねてきます。また、元力士で用心棒の山田藤吉も向かいの部屋でいました。 夕方になり、身体を温め栄養を取りたいと考えたのか、菊屋峰吉に軍鶏を買ってくるように言いつけ、岡本もその機に近江屋をでます。 残った龍馬と中岡は火鉢を囲み話込んでいた所、十津川郷士(または松代藩士)を名乗る客が訪れました。 藤吉は取り次ごうと2階に上がりますが、背後から斬りつけられ殺されてしまい、その物音に藤吉がふざけていると勘違いした龍馬は「ほたえな!(騒がしくふざけるな)」と怒鳴ったと言います。 その声を頼りに、2階に上がり込んだ刺客3人がふすまを開けて部屋に侵入し、座していた龍馬と中岡を襲いました。 侵入と同時に額を斬りつけられた説、「龍馬先生」と尋ねられてから斬られた説、浪士が名刺を渡してから斬りつけた説と諸説ありますが、どちらにしても剛剣の龍馬ですらまともな応戦ができる間もなく、即死に近い状態で斬りつけられます。 一緒にいた中岡慎太郎は屏風に刀を立て掛けていたため、脇差しの短刀で鞘から刀を抜く間もなく防戦し、一時は好物の焼きめしを食べるまでに回復しましたが、傷が深かったために亡くなりました。 この中岡の二日間の生存のおかげで、龍馬の最後の証言が得られたのです。. 龍馬暗殺の真犯人は誰なのか? 最近の定説では、後年に暗殺犯であることを自白した「今井信郎」の証言こそが真実であり、「京都市中見廻組」の「佐々木只三郎」が実行犯であるとされています。 佐々木只三郎に「龍馬暗殺」を命じたのは、「会津藩主・松平容保」であるというのが、もっとも有力な説でしょう。 中岡慎太郎・・・龍馬とは異なり、「武力討幕」を目指していた中岡・・。対して龍馬は「武力」によらず、旧幕府と徳川慶喜の政治力を新政府に取り込むことを考えていました。 つまり龍馬の構想は、幕府を支えようとする「松平容保」にとって、とても役立つものだったはず。 徳川幕府への忠誠心が強い松平容保にとって、「中岡慎太郎」は暗殺すべき対象だったかもしれませんが、幕府サイドの「勝海舟」と親しく、「薩長」ともパイプを持つ龍馬を温存しておけば、倒幕は防げなくとも、後に起こった「会津戦争」の悲劇は回避できたかもしれません。. 龍馬のお墓は「京都市東山区・護国神社」に、「中岡慎太郎」の墓とともにあります。 二人のお墓は寄り添うように隣に建てられ、ふたりの銅像も設置されています。 ちなみに、同じ墓所に「桂小五郎(木戸孝允)」「高杉晋作」「久坂玄瑞」「大村益次郎」「吉村寅太郎」の墓もあります。. 主演は中村錦之助さん(後の萬屋錦之介さん)。 中村錦之助さんは、この他にテレビ『竜馬がゆく』でも坂本龍馬を演じている。 彼の歯切れのいいセリフ回しや、キビキビした身のこなしは、きっと当時の龍馬像だったのだろう。 この時代は世界中で人種や性差別についての解放運動が盛んに行われていたので、この映画も身分制度に対する龍馬の怒りが中心に据えられている。 つくづく坂本龍馬はその時代の潮流に合わせて描かれやすい人物だと感じる作品だ。. 中岡慎太郎は土佐藩に生まれ、坂本龍馬と共に武市半平太の土佐勤王党に加盟し志士活動を始めます。 八月十八日の政変で長州藩が京都を追われると、土佐藩内でも尊王攘夷活動に対する大弾圧が始まります。 慎太郎は速やかに脱藩し、長州藩に亡命。 以後、長州藩内で同じ境遇の脱藩志士たちのまとめ役となり、また、都落ちしていた三条実美の随臣(衛士)となり、長州はじめ各地の志士たちとの重要な連絡役となります。 禁門の変では長州軍の一員として参加し、その後長州藩諸隊のひとつである忠勇隊の隊長となります。 以来、長州と薩摩等を飛び回り、龍馬と協力し薩長同盟仲介に尽力。 また、倒幕・王政復古実現のための薩土盟約の締結にも成功。 その後、脱藩の罪を許され、土佐藩より「陸援隊」隊長に任命されます。 龍馬の海援隊に対しての陸援隊でした。 一説によると、「高杉晋作」が組織した「奇兵隊」を手本にしたのが「陸援隊」と言われています。 龍馬が後藤象二郎と進める大政奉還に対して、慎太郎は武力倒幕、王政復古のために岩倉具視や西郷隆盛などと画策を続けていました。 結果、徳川慶喜が大政奉還をし、武力討伐派は一旦いなされることとなります。 しかし、大政奉還の直後、慎太郎は近江屋で龍馬と共に暗殺されます。 それは慶応3年(1867年)11月15日のことでした。 新選組と乱闘し捕虜になった土佐藩士の宮川助五郎が釈放されることとなり、福岡藤次(後の福岡孝弟)に「宮川を陸援隊にひきとってほしい。」と言われ土佐藩邸に福岡を訪ねますが、福岡が留守でした。 慎太郎は「龍馬のところにでも行くか。」と近江屋に向かいます。 これが慎太郎の生死を分けました。 近江屋で龍馬と話し合いをしていると、夜9時頃、客(刺客)が近江屋を訪れ「拙者は十津川の者だが、坂本先生御在宿ならばお目にかかりたい」と告げました。 応対した龍馬の従者の藤吉は不審に思うことなく、見知った客か龍馬に確認しようと二階へ上ろうと踵を返します。 その藤吉を見て、龍馬がいると確信した刺客たちは後からそのまま藤吉の背中を斬りつけました。 このとき「ぎゃあー」と絶叫を上げた藤吉に対し、龍馬は暗殺者による襲撃だとは夢にもおもわず、突然大声を出した藤吉にたいして、 と大声で注意し、かえって刺客たちに自分たちの居場所を教えてしまうこととなります。 刺客は電光のように階段を駆け上がり. 龍馬被暗殺之前致力於某件事,那就是和宿敵--幕府的高官接觸,尤其龍馬這時最常拜訪的是頗有權力的幕府大目付 (隸屬於江戶幕府最高職位--老中底下,監督幕府政務及各個大名的職位)永井玄蕃。.

慎太郎は短刀をもって刺客の太刀と渡り合いますが、両手足を十一か所斬られて倒れます。 しかし、慎太郎は刺客が去った後も驚異的な生命力で生きており、暗殺犯の襲撃の様子について土佐藩の谷干城(後の西南戦争時の熊本鎮台司令長官)などに詳細に語ったといいます。 どうやら中岡慎太郎は、犯人が誰なのか、わからなかったみたいですね。 龍馬 暗殺 慎太郎は最後まで「討幕論者」でした。 慎太郎は一昼夜たつとだいぶ元気になり、「焼き飯を食いたい」といって一同を驚かせました。 しかも三杯も食べたそうです。 しかしそれを吐き、慎太郎は自分の死期を予言します。 慎太郎ほど岩倉の才能を評価していた男はいませんでした。 そして、事件から2日後の昼過ぎ、ついに亡くなります。享年30。 岩倉具視は、中岡慎太郎の絶命を聞くと「自分の片腕をもがれた」と声をあげて号泣したと云われ、大久保利通に宛てた手紙にも としたためており、その痛恨・哀惜の情がうかがえます。. 司馬遼太郎の小説『奇妙なり八郎』を基に、庄内藩出身の志士・清河八郎を主人公として描いた実験的要素の強い問題作。 坂本龍馬は、その清河八郎を醒めた視点で語る役柄として登場する。 (坂本龍馬役は俳優・中井貴一さんの父・佐田啓二さんだ。) 当時、盛んだった学生運動なども、かなり色濃く影響しているように感じるんだけど、清河八郎と坂本龍馬を対比する視点は、とても興味深い。. 『引用元ウィキペディアより』 実行犯は別として、龍馬暗殺の黒幕は薩摩藩だとする説があります。 薩摩藩にとって龍馬は、薩長同盟を仲介した功労者のはず。 何故、薩摩藩が龍馬暗殺の黒幕だと言われるのでしょうか? 龍馬暗殺は、大政奉還のわずか1か月後。 この大政奉還が、その大きな理由なのです。 武力討幕派である薩摩の西郷隆盛と、お公家さんの岩倉具視の画策で、薩摩藩と長州藩に「討幕の密勅(幕府を倒せ!という秘密命令)」が渡されます。 その当日に「大政奉還」がされて、倒すべき幕府がなくなってしまったのです。 武力討幕派は、革命による新しい日本は、戦争の砲煙の中から生み出されるものであると信じ込んでいて、革命戦争以外の道は考えていませんでした。なぜなら力づくで幕府勢力を叩き潰さなくては、幕府勢力は既得権益や利益をある程度保持したままになる上に、「源頼朝」や「後醍醐天皇」のように巻き返しを図る可能性があったから。幕府の利権や力をすべて取り上げることもまた、武力倒幕の目的だったのです。 その為に、非常に際どい政略により、「倒幕の密勅」が出されるところまでこぎつけたのですが、見事に肩透かしを食らった形となります。 この大政奉還は土佐の参政「後藤象二郎」が建白したものですが、後藤象二郎にその案を教えたのは「坂本龍馬」です。 坂本龍馬は、平和裏に政権を移行したいと考える非戦論者でした。 龍馬にとって、政権を返上する決断をした最後の将軍「徳川慶喜」こそ大功労者であり、気持ちの中では同志であると思っていたでしょう。つまり龍馬は「無血革命」を狙っていたのです。 一方前述の通り、武力討幕派である「西郷隆盛」や「大久保利通」にとっては、革命戦争こそ正義であり、徳川家は討滅すべき対象でした。 龍馬と西郷の「政見の違い」は明白となりました。 龍馬が武力討幕派になるように、西郷の説得に応じるとも思えませんし、薩長同盟の立役者である龍馬の発言は、西郷としても無視できません。 つまり、龍馬がいなくなれば、武力討幕が非常にやりやすくなる、と考えても不思議ではありません。 よって、西郷隆盛が示唆した結果、龍馬暗殺につながったのでは. . 龍馬暗殺の舞台は京都の由緒ある醤油屋である近江屋。 その日、龍馬は盟友である陸援隊の中岡慎太郎と一緒でした。 そこに6名の刺客団が訪れます。 十津川郷士と名乗り、龍馬に取次ぎを頼みます。 取次に出た山田藤吉を背中から切り、大きな物音に龍馬は と叫んでしまったために、刺客団に居場所が知れてしまいます。 刺客団は疾風の様に走り、龍馬の居る部屋に飛び込むなり、龍馬の額を斬撃し、中岡の後頭部を斬撃します。 突然の事であり、龍馬、中岡とも十分に応戦もできず、龍馬は後頭部から背中、再度額を深く斬られます。 刺客団が去った後、気絶していた龍馬と中岡は息を吹き返します。 龍馬は、自分の頭から脳漿が流れ出ているのを自ら確認し、中岡を見て澄んだ明るい笑顔を向け といい、絶命します。 中岡慎太郎は、この事件の二日後に亡くなっています。 後に「西南戦争」で活躍する「谷干城(たにたてき)」に対して、「犯人は新選組だろう」などと証言しています。中岡はおそらく龍馬の最期の様子もこの時「谷干城」に言い残していたのでしょう。 越前藩士で由利公正(ゆりきみまさ)という人がいます。 明治維新政府の財政担当官となる人です。 由利は龍馬によって世に出されました。 龍馬は生前、由利に自分の写真を渡します。 と言ったそうです。 由利は龍馬の写真を護符のように身に着けていました。 ある日、よく晴れた穏やかな月明かりが美しい夜、由利が土手を歩いていると、突然一陣の風が起こります。 その風が由利の懐中にあった龍馬の写真を天に巻き上げたのち、風は去りました。 由利がそのあたりを一生懸命に探しましたが、ついに龍馬の写真は見つかりませんでした。 まさにその時刻、龍馬が刺客団に襲われたのです。 龍馬の霊が天に駆けのぼった、と言える不思議なエピソードです。. つかこうへい作の映画化。 上にも書いた沖田総司が女性だったせいで巻き起こる恋愛模様と、龍馬暗殺を織り交ぜた青春(?)映画。 坂本龍馬は若き渡辺謙さんが演じている。 ”面白くしよう。面白くしよう”とすればするほど、何もかもスベっていく感じがイタい。 そんな意地悪な見方で観るのなら楽しめるかもだけど、個人的には別に観なくてもいいかな?と感じてます。制作者の方々ごめんなさい。。 話は少し横にずれるけど、『幕末純情伝』というタイトルとよく似た(というより、『幕末純情伝』というタイトルは、この映画の影響だろうと思っている)『幕末太陽傳』(1957(昭和32)年)は必見の一作だ。. 住み慣れた江戸を離れて危険な京で働くことを御家人たちが嫌がり、見廻組の組士確保は難航しましたが、なんとか形を整えました。 当時の京は、新選組が摘発した池田屋事件や禁門の変などがあった激動の時期。 見廻組はこれらの二つの重要事件に貢献できなかったので、知名度は新選組より低いですが、不審人物の捜索や逮捕、情報収集など一定の活動はしていました。 二つの警備組織が協力し合うことは、まずなかったそうです。 見廻組は主に御所や二条城周辺の官庁街を警備し、新選組は祇園や三条などの町人街・歓楽街。 組のメンバーの身分の違いのために警備の管轄が分けられていたのです。 ただ、大政奉還後に勃発した鳥羽・伏見の戦いにおいては、新選組と共に旧幕府軍として参戦しました。 新選組には「士道に背く者は切腹」という厳しい掟があったといいます。 しかし、見廻組には厳しい掟は必要ありませんでした。 なぜなら、組のメンバーが身分ある旗本や御家人なので、問題行動は本人が武家社会で面目を失い、家にも影響が及ぶという、武家社会の掟がもうすでに彼らを縛っていたからです。. 最大の謎となるのが、幕府側の見廻組が何故、 反幕府の薩摩と繋がるのか?という事。 薩摩は一人の男に目をつけます。 見廻組組頭 佐々木只三郎は和歌の名手だった。 接触の為に起用されたのは、薩摩藩士 高崎正風。 高崎は和歌の達人と言われた人物でした。 高崎は佐々木の故郷、会津の歌会に潜入した。 更に薩摩は見廻組、渡辺篤にも接触する。 渡辺は見廻組の中でも屈指の剣の達人。 渡辺に接近したのは、 武道に秀でた薩摩藩士海江田信義。 海江田は京都の渡辺の道場に姿を現した。 見廻組の組頭の佐々木、そして、 見廻組屈指の剣客渡辺という、 龍馬暗殺で最も重要な人物への接触を薩摩は成功させた。 渡辺の記録によると、暗殺当日、 龍馬が近江屋にいる時間帯の情報が見廻組にもたらされている。 薩摩藩なら容易にできるはずです。 龍馬暗殺後、 今井信郎の助命措置を行なったのは西郷隆盛と言われている。.

龍馬の政権構想のトップは徳川慶喜です。 慶喜は幕府のトップの人間です。 龍馬 暗殺 その幕府が何故坂本龍馬を殺すのか? という事で出て来たのが、薩摩藩黒幕説です。 龍馬は新政権の内大臣に徳川慶喜を座らせるつもりだった。 天皇が政権を取るのであれば、 龍馬 暗殺 265年にも渡って政権を担ってきた徳川に恩恵を与えても良いのでは? と考えていた。 ところが、西郷は武力で幕府を討伐するという方針だった。 平和的に事を進めようとする龍馬の考えに猛反対だったのだ。 薩摩と長州を結びつける働きをした龍馬だったが、 もはや、薩長にとっては、龍馬は邪魔者に過ぎず、 龍馬 暗殺 西郷は龍馬の暗殺を行なったのです。 龍馬の暗殺後しばらくして、 誰が龍馬を暗殺したのかについて、噂になります。 肥後熊本藩の家老が龍馬暗殺の20日後に執筆した手記には、 こういう記述があります。 「坂本龍馬を暗殺したのは、薩摩の人間にちがいない」 当時から薩摩黒幕説は根強くあったのです。 出典:goo. 1867年11月15日、京都河原町で醤油屋を営む近江屋おうみやで坂本龍馬と中岡慎太郎が何者かによって暗殺されました。 大政奉還が行われたのがこの年の10月15日でしたから、それからわずか1ヶ月後のことですね。 龍馬は近江屋の二階で、中岡慎太郎と話をしていたそうです。 そこへ男たちが数名上がってきて、二人に斬りかかりました。 龍馬はその場で命を落としましたが、その日は龍馬33歳の誕生日でした。 またそれから2日後、中岡慎太郎もまだ30歳という若さで息を引き取ります。. 龍馬 暗殺 上に挙げた原田芳雄さん演じる坂本龍馬と比べると、同じ人物をこんなに広げて解釈できる坂本龍馬という人は、やはりどこか捉えどころのない人物なんだなと思えてくる。 あくまで私見だけど、武田鉄矢さんは何を演じても、どこか教育者の顔になってしまう(金八先生の印象で、こちらがそれを投影してしまうのだろうか?)ので、型破りな坂本龍馬を演じるのは、どこか根っこの部分で無理を感じてしまう。。. 古畑任三郎でおなじみの田村正和さんのお父様・バンツマこと阪東妻三郎さんの主演作『坂本龍馬』。 戦前の作品の為、フィルムは近江屋で龍馬たちが襲われるクライマックス部分しか現存していないけど、内容は黒船来襲からの龍馬を描いている。 この映画の中で、龍馬を暗殺したのは佐々木只三郎を含む見廻組になっていて、すでに現在語られる坂本龍馬にまつわる話と違いは全く見当たらない。 つまり、よく言われる「坂本龍馬は司馬遼太郎によって有名になった。」というのは、まさに都市伝説で、その雛形は当時すでに出来上がっていたようだ。 戦前の映画は幕末モノがとても人気があって、坂本龍馬は、当時からその中心人物だったのだ。. 今回は、坂本龍馬を暗殺した犯人と理由についてご紹介しました。 4つほどご紹介しましたが、これがすべての説ではありません。 同じ犯人であっても、違った理由で疑われている説もあります。 この幕末最大のミステリーが解ける日は来るのでしょうか? 興味を持たれた方は、真犯人を推理してみてくださいね! 坂本龍馬の年表を含む【完全版まとめ】記事はこちらをどうぞ。 関連記事 >>>> 「坂本龍馬はどんな人物?簡単に説明【完全版まとめ】」. バブルが弾けて以降、坂本龍馬を描く映画は激減した。 それに代わって新撰組を描く映画は増えているように感じる。 どういう相関関係があるのか、また、それは私の思い違いで、別に何もないのかは定かではないけど、なんとなくそう感じる。 この映画に至っては、坂本龍馬はただのそっくりさんだ。 その龍馬のそっくりさんを演じているのは江口洋介さん。 江口さんは、後にNHK大河『新撰組!』で、本物の坂本龍馬を演じることになる。 どちらも脚本は三谷幸喜さん。 時代モノに造詣が深い三谷幸喜さんには、坂本龍馬は江口洋介さんのように思えるのだろうか? 以上10作品を取り上げてみました。 ここでは新品DVDで入手できるものだけをリンクしておきましたが、中古で入手可能なものもあるので、観たい作品があれば直接調べて頂けると幸いです。 後記になりますが、当初は他のジャンルと同様、おすすめ順に並べようと試みたのですが、なんとなく居心地が良くなかったので、時代順に並べました。 映画は、他のジャンルよりも強く、その時代の背景と共に生きているんだなぁと改めて感じた次第です。 読みづらく感じる点も多々あったと思いますが、寛容な心で見て頂けるよう願っています。. この暗殺事件の犯人として最初に疑われたのは新選組でした。 龍馬 暗殺 中岡慎太郎に刺客が切りかかる際、「こなくそっ」と四国訛りで斬りかかったという証言がある事と(土佐出身の谷干城の証言とも言われてる。)、現場に落ちていた蝋色の鞘から、暗殺者は伊予出身の新選組隊士、原田太之助ではないかと言われています。 また、北辰一刀流の達人である龍馬を襲撃できる実力者として、斎藤一も候補に挙げられています。. gl/xcVY7C 龍馬は薩摩と長州の同盟を取持ち、 倒幕勢力を結集。 死の直前まで徳川幕府に変わる新たな政府を作る為に奔走していました。 幕府にとって龍馬は大きな脅威となったのです。 容保は即座に龍馬を拘束する様に命じます。 薩長同盟締結の2日後、 奉行所の捕り方100人が船宿寺田屋に潜伏中の龍馬を急襲、 しかし、捕り方二人を射殺されたうえ逃亡されてし.

龍馬暗殺 近江屋事件の真相とは 坂本龍馬が暗殺される、狙われてるという噂は、龍馬自身も知っていました。 だからこそ、海援隊本部のあった酢屋を引き払い、蛤御門の変のあと土佐藩のご用達になった近江屋に身を隠していました。. しかし、1870年(明治3年)、元見廻組隊士だった今井信郎が箱館戦争にて降伏し、龍馬の暗殺事件に関与したと自白したことで裁判にかけられ、禁固刑となりました。 大正時代に入り、今井以外にも元見廻組隊士の渡辺篤が犯行に関して証言をし、現在までの調査などで、実行犯は佐々木只三郎、今井信郎、渡辺篤、小太刀の名人・桂隼之助、世羅敏郎だとされています。 命令したのは京都守護職の会津藩主・松平容保で、直接指示したのは容保の実弟である桑名藩主・松平定敬だと推測されています。. . 関連記事 >>>> 「【時代別】歴史上の人物はこちらをどうぞ。」. More 龍馬 暗殺 videos. 幕末の志士・坂本龍馬は、小説「龍馬がゆく」やNHK大河ドラマ「龍馬伝」で話題になり、最も人気の高い歴史上の人物ではないでしょうか。 坂本龍馬は、「大政奉還」を成し遂げる立役者でしたが、志半ば明治維新を目前に暗殺されてしまいました。暗殺されたのは慶応3年(1865年)11月15日の.

More 龍馬 暗殺 images. See full list on hinotorifugetsu. 実行犯については諸説あるが、 江戸幕府 の組織である 京都見廻組 によるものという説が有力である 。. 言わずと知れた坂本龍馬が暗殺された場所です。 龍馬が提案した「薩長同盟」がなり、次いで同じく龍馬が考えた「大政奉還」により、徳川慶喜は朝廷に政権を返上しました。 大政奉還から一か月後、龍馬と盟友の中岡慎太郎の二人が近江屋で襲撃され. See full list on xn--u9j228h2jmngbv0k. これは「憲政史研究家」の「倉山満(くらやま みつる)」先生のお言葉です。 龍馬 暗殺 倉山先生がおっしゃるには、坂本龍馬を暗殺したのは京都市中見廻組「佐々木只三郎(ささき たださぶろう)」。暗殺を命じたのは会津藩主「松平容保(まつだいら かたもり)」だとか。 実はこの「佐々木只三郎」「松平容保」説は、現在の定説。 有名な歴史研究家「磯田道史(いそだ みちふみ)」さんもまた、「佐々木只三郎」「松平容保」説を主張しておられました。 「佐々木只三郎」とは会津藩の武士で、新選組とならぶ治安維持部隊「京都市中見廻組」のトップ。「松平容保」は徳川家の血を引く「会津藩」の藩主です。 この「佐々木只三郎」「松平容保」説を裏づけているのが、「佐々木只三郎」の兄「手代木勝任(てしろぎ かつとう)」が残した証言です。 「手代木勝任」は、日露戦争が起こっていた1904年(明治37年)に亡くなっていますが、亡くなる直前に、以下の言葉を残しています。 実は「佐々木只三郎」が犯人であると証言しているのは「手代木勝任」だけではありません。 元「京都市中見廻組」の隊士だった「今井信郎」なる人物もまた、「龍馬暗殺は佐々木只三郎の犯行」であると証言しているのです。 この今井信郎もまた、暗殺に加わった実行犯。 今井が言うには、 佐々木只三郎・今井信郎・渡辺吉太郎・高橋安次郎・桂隼之助・土肥仲蔵・桜井大三郎 の7人が実行犯なのだとか。犯行動機は「寺田屋事件」によって、坂本龍馬が役人二名をピストルで殺害したから。 二人の人物が「佐々木只三郎」犯人説を証言しているというのに、どうして「龍馬暗殺」は「謎」となってしまったのか。 実は「手代木」と「今井」の証言が、食い違っているからだそうです。今井の証言によると、襲撃犯は「7名」。しかし手代木の証言では人数が異なっていたりと、違いがあるのです。 また、坂本龍馬と一緒に襲撃された「中岡慎太郎」の証言も、「手代木勝任」「今井信郎」の証言と食い違っています。 襲撃を受けて生き延びた「中岡慎太郎」は、土佐藩出身「谷干城」に対して、こんな証言を残しています。 実際、犯行現場からは、新選組十番隊組長「原田左之助」の鞘(さや)が発見され、「こなくそ」という四国の方言を口にしていたという証言もありました。(原田は四国出身) 坂本龍馬を尊崇していた谷干城は、「自分たちが龍馬を暗殺した」とい.

龍馬が殺される前に紀州藩とトラブルになっていた。 トラブルの原因は、「いろは丸沈没事件」です。 いろは丸沈没事件は、 海援隊が借りている船いろは丸(長崎港から大阪に向かっていた)と、 紀州藩の軍艦明光丸が衝突事故の事です。 この事件でいろは丸は海に沈んだ。 事故なんだから、片方が100%悪いという事はないはずだが、 賠償交渉で龍馬は徹底的に紀州藩を追い込んだ。 実際に積んでいたどうかは定かではないが、 武器や金塊など大量に積み込んでいた為、 大損害を被ったと主張、 更に紀州藩を批判する歌を庶民の間に流行させたりもした。 この賠償交渉は、ほぼ龍馬側の主張が通った形で決着した。 紀州藩が支払う額は、8万3526両198文(25億〜42億)となった。 そしてその後7万両に減額されて11月7日に支払われた。 龍馬が暗殺されたのは、その僅か8日後だった。 クレーマー坂本龍馬。いろは丸事件で7万両を奪いとった幕末最恐のクレーム顛末。.