Home

グリーン ブック 実話

『グリーンブック』を通じて、本当に大事なものを見極めてほしい。 感動の実話である本作を、ぜひご覧になってはいかがだろうか。 グリーン ブック 実話 『グリーンブック』 &92; 配信数20万本突破のu-next / >> u-nextで作品をチェック. トニー・リップ役 ヴィゴ・モーテンセン. 最後に字幕で出る通り、トニーとドクターは年に死去するまで終生友情を保ち続けました。 そんな美しい友情も、きっかけは金銭の利害関係。 トニーがイタリア系移民で、黒人ほどではなくとも差別されていたことも要因のひとつだったのかもしれません。 彼の苗字“バレロンガ”がいろんな人に読み間違えられる中、ドクターだけは最初から迷うことなく正確に呼んでみせていたことも、後の友情を示唆していました。 劇中で南部の差別主義者たちが改心するわけではありませんし、差別を無くすことの困難さもしっかり描かれています。 しかし、そんな世の中でもトニーが心を変えたのは事実。 いくつになっても、自分の考え方を柔軟に変えられるチャンスがあると言っている映画でもあります。 こういったメッセージを、一切押し付けがましくなく解りやすく、誰もが楽しめる最高のエンタメに包んで届けてくれます。 映画『グリーンブック』は、ここ数年のアカデミー作品賞の中でも、親しみやすい一本でしょう。. (C) UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO. Don Shirley)は共に実在の人物です。. 注目の映画「グリーンブック」。 この映画は、実話に基づいて作られています。 登場人物も実在した人物です。 ここでは、この映画に登場する重要人物の2人であるトニーリップとドンシャーリーについてご紹介しました。 グリーンブックは面白い?.

黒人差別という重くなりがちなテーマを扱ってはいるが、ピーター・ファレリー監督の手腕によって明るく、笑いも溢れる爽やかな映画。それでいて、人間愛を考えさせられる深みも備えた内容になっている。 トニー・リップとドクター・シャーリーの旅に同行する感覚が楽しい。広大なアメリカ大陸をあちこちに移動する大掛かりな旅であるため、車内でのシーンが多いものの、豊富なカットと、何よりもヴィゴとマハーシャラの息の合った演技で全く退屈しない。とにかくガサツで、「細かいことは気にしない」トニーと、潔癖な部分もありひたすら礼儀正しいドクター・シャーリーのバディ要素が愉快なので、「この2人をもっと観ていたい」という気にさえさせる。 観たあとにには心にじんわりと感動と歓びが残る作品で、年齢性別問わず誰にでもオススメしたい映画だ。. グリーンブックの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。人種差別が色濃く残る1960年代のアメリカ南部を舞台に、黒人ジャズ. 「グリーンブック」を紹介するプレゼンターとして、米公民権運動の闘士だったジョン・ルイス下院議員を登場させるのが適切なのか、疑問視. 年アカデミー賞作品賞を受賞した、いまもっともナウい映画を観てきました! 1960年代アメリカが舞台となっており、黒人差別が色濃い時代において人種問題を描いた作品なのですが、コメディが得意な監督の作品ということもあり、優しい気持ちで鑑賞できる映画です。小学校の道徳とかで観たら良さそう。 そんな『グリーンブック』のあらすじと感想(ネタバレあり)をつらつらーっと書いていきます。. 映画『グリーンブック』は笑って泣ける親しみやすい物語として観ることができますが、一方で批判の声もあります。 前述の通り、作中では白人のトニーが黒人のシャーリーを救う存在として描かれている、と言えます。 私は初めて知ったのですが、映画の世界には「白人の救世主」「魔法の黒人(マジカル・ニグロ)」という言葉があるそうです。 スパイク・リーは黒人で、『グリーンブック』とともにアカデミー作品賞にノミネートされながら惜しくも受賞を逃した『ブラック・クランズマン』の監督です。 『グリーンブック』が選ばれたことに、信じられない!というリアクションだったと報じられていました。 『グリーンブック』への批判について、こんな解説がなされています。 批判にさらされる理由は、他にもつっこまれどころがあるようですが. 映画『グリーンブック』は、何もかもが正反対の2人の旅を描く実話モノ。バディ・ムービーやロード・ムービーの要素と魅力も持っている。 舞台は1962年のアメリカ。主人公のトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)はナイトクラブの用心棒で、腕っぷしが強くてガサツな性格。クラブで起こるトラブルは拳一発で解決するタイプだ。加えて話術に優れ、どんな大物とも仲良くなってしまう。あまりの社交力に、”リップ”とのあだ名が付いた。 そんなトニーは、「ドクター」と呼ばれる人物の運転手を務めることになる。てっきり医者かと思いきや、劇場の高級マンションに暮らす孤高の黒人ピアニストのことだった。名はドクター・シャーリー。ゴージャスな住まいのドクター・シャーリーは玉座のような椅子に腰掛け、「黒人との仕事に抵抗はあるか」とトニーに問う。トニーは「ないね」と即答してみせるが、そんなことはなかった。当時の多くの白人のように、トニーも黒人に対して差別意識を持っていた。 ドクター・シャーリーの目的は、演奏ツアーに同行する優秀な運転手を見つけることだった。それも、黒人差別のより激しいアメリカ南部を目指すのだという。トニーの”どんなトラブルも解決する腕”が欲しかったドクター・シャーリーは、トニーの希望条件を全面的にのんで彼を雇う。こうして2人は一台の車に乗り込み、2ヶ月の旅に出ることになった。トニーには、黒人が宿泊できる宿が書かれたガイドブック、通称”グリーンブック”が渡される。 当時アメリカ南部には、黒人の行動を制限するジム・クロウ法と呼ばれる法律があった。黒人は、食事や宿泊、買い物をする場所、座ったり歩いたりする場所まで制限されていて、使用できる水飲み場やトイレも決められていた。さらに、南部のいくつかの町では、黒人が日没後に外出することさえ違法とされていた。 劇中では、ドクター・シャーリーが入店を断られたり、何も知らずに黒人お断りのバーに入ってしまい袋叩きに遭うといったトラブルが起こり、その度に腕自慢のトニーが解決していく。旅立つ前は自らも黒人への差別意識があったトニーも、次々と直面する理不尽な現実に「我慢ならない」といった様子を見せる。 トニーはドクター・シャーリーの天才的なピアノ演奏をひと目見るなり魅了され、妻への手紙に「あいつは天才だ」と書いてその才能を認めている。始めはウマが合わず沈黙ばかりだっ. 【公開】 年(アメリカ映画) 【原題】 Green Book 【監督】 ピーター·ファレリー 【キャスト】 ヴィゴ・モーテンセン、マハーシャラ・アリ、リンダ・カーデリーニ、ディミテル・D・マリノフ、マイク・ハットン、P・J・バーン 【作品概要】 第91回アカデミー賞で最優秀作品賞、脚本賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)を受賞。 ガサツなイタリア系用心棒と、英才教育を受けた黒人の天才ピアニストが、旅を通して友情を深めていく感動ドラマです。 グリーン ブック 実話 ヴィゴ・モーテンセンとマハーシャラ・アリが初共演。 監督は『メリーに首ったけ』(1999)『愛しのローズマリー』()のピーター・ファレリー。『ムービー43』()でラジー賞を受賞してから5年、本作でアカデミー賞に輝きました。 脚本・原案は主人公トニー・バレロンガの実の息子ニック・バレロンガ。父の人生を変えた特別な旅を映画化しました。.

ドクター・シャーリー役 マハーシャラ・アリ. 本作は愛情の物語です。いろんな違いがあっても愛し合うことです。我々は同じ人間です。ヴィゴ・モーテンセン。この受賞はヴィゴのおかげです。そしてマハーシャラ・アリ、そしてリンダ・カーデリーニのおかげです。 でも何よりもヴィゴからはじまったのです。そして関わってくれたみなさん(名前の羅列)に感謝です。. 舞台は1962年のアメリカ。ナイトクラブの用心棒をしているイタリア系アメリカ人のトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、口が達者で陽気な人たらしのおじさん。 勤め先の都合で無職になったトニーは、ある仕事を紹介され、愛する家族を養うために不本意ながら引き受けます。 その仕事とは、約2ヶ月のコンサートツアーに出かける天才黒人ピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)のドライバー兼用心棒。 行き先は、露骨な黒人差別が公然と行われているアメリカ南部です。 最初は差別主義者だったトニーですが、シャーリーが受ける黒人差別の現実を見るうちに次第に変わっていきます。 一方、「白人でも黒人でもない」という特殊な境遇にあり孤独だったシャーリーも、道中の悲喜こもごもを通じてトニーから大きな影響を受けます。 「白人と黒人」という違いだけでなく「庶民とセレブ」「無学と高学歴」「デタラメと真面目」と、何もかもちぐはぐな二人が化学反応を起こす、笑って泣ける友情物語です。.

3月1日公開の『グリーンブック』に登場する実在のピアニスト、ドクター・ドン・シャーリーについて出演者とスタッフが語った。 本作は. ニューヨークのナイトクラブで用心棒をしているイタリア系アメリカ人のトニー・リップは、ナイトクラブが閉店になったのをきっかけに職を失い、家賃を払うお金もなかった。 それでも妻と二人の息子のためなんとかしてお金を作らなければならない。仕方なく大事な腕時計を質屋に出したり、ホットドッグの大食いに賭けては食いつないでいた。 そんなトニー・リップにある日、黒人医師のドライバーにならないかという仕事のオファーが舞い込んでくる。 トニー・リップは黒人に対して差別意識があった。自宅に来た黒人の修理工がグラスを使うと、それをゴミ箱に捨てるほどだった。 しかし背に腹は代えられないのでトニー・リップは面接に行くことにした。医師だと思っていたドン・シャーリーは音楽家で、トニー・リップの前に王様のような恰好で現れた。 ドン・シャーリーは上品で、紳士的で、口が悪く粗野なトニー・リップとは正反対だ。これからアメリカ南部をツアーで回るからトニー・リップにドライバーをして欲しいとのことだった。トラブルに巻き込まれたとき、用心棒をしていたトニー・リップは助けになると期待していたのだ。 トニー・リップはツアー出発の初日、レコード会社からグリーンブックを渡される。そこには黒人が南部を安全に旅行できるための情報が詰まっていた。それを頼りにトニー・リップとドン・シャーリーを乗せた車は、黒人差別の激しい南部へと向かった。 関連記事グリーンブックのあらすじを結末まで徹底紹介!. 多様性に寄り添うべき今この時代だからこそ、あの頃の黒人差別を見直して、今一度差別に向き合おう! というテーマの作品でパッと思いついたのは『ドリーム』でした。 三人の黒人女性が、黒人という立場に屈せず、そのスキルをもってNASAで活躍していくという、タイトルどおり夢のあるストーリー。 (ちなみに『グリーンブック』で助演男優賞を受賞したマハーシャラアリは『ドリーム』にも出演してるんですよね。これがまた、ややこしい笑) 『ドリーム』は結構シンプルな黒人と白人の対比だったんですが、『グリーンブック』はその関係性がやや複雑です。 まず、主人公トニーと相棒シャーリーの関係性。 シャーリーは黒人でありながら、ホワイトハウスに招かれるほど有名なピアニスト。そのため、お金持ちであり、トニーを「雇う立場」にあります。よくある主従関係はこの逆ですよね。 他にも、劇中ではアメリカ北部と南部の黒人の対比も描かれており、シンプルな「黒人差別」が描かれている訳ではないのです。 シャーリーは行く先々で、ゲストとして丁重にもてなされるんですが、それは表面上だけ。控え室が物置になっているなど、本質的に白人はシャーリ. 1962年秋、ニューヨーク。 ナイトクラブ「コパカバーナ」で用心棒として働くイタリア系の中年男トニー・“リップ”ことトニー・バレロンガ。 コパカバーナが改装工事で2ヶ月休業となり、家族を養っているトニーはその間の仕事と金の工面を模索していました。 親戚達が家に集まっている中、妻のドロレスが黒人の作業員に家の修理を依頼。 妻が黒人たちを労って飲み物を渡しているのを見たトニーは、彼等が帰った後にそのコップを捨ててしまいます。 トニーは家族や親戚に、仕事とお金はなんとかすると公言しましたが、彼がすることといえばホットドッグの大食い競争での賞金稼ぎぐらい。 そんな中、コパカバーナのオーナーから電話があり、とある“ドクター”が運転手を探していると言います。 面接に行ってみると、そこはカーネギーホール。 トニーが疑問を抱きながら上階へ向かうと、貴族の邸宅のような空間があり、そこにいたのは医者ではなくドクター・シャーリーという黒人の音楽家でした。 グリーン ブック 実話 (C) UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO.

. 「メリーに首ったけ」、「愛しのローズマリー」などで知られるピーター・ファレリー監督による上質な映画。主演はヴィゴ・モーテンセンとマハーシャラ・アリ。 コメディー、ロードムービー、バディムービー、人種差別映画、人間ドラマをミックスさせた娯楽性と感動と格好良さ溢れる非常に完成度の高い作品で、年のアカデミー賞はこれで決まりじゃないかな。お願いだから「ボヘミアン・ラプソディ」だけは負けないで欲しいです。 脚本が非常に優れていて、腹を抱えて笑うタイプではないけれど、小さな笑いが連発するタイプの映画です。 しかしコメディー映画として括るのはちょっと違うかな、という気がします。それよりもストーリー性が強く、貧しくて下品なイタリア系白人と上品で金持ちの黒人ミュージシャンという強烈な二人のキャラクターによる成長と友情の物語が素晴らしかったです。 黒人のボスに仕える白人という設定が新しいですよね。それも時代は人種差別が当たり前だった1960年代のアメリカ。特に南部では黒人は白人と同じトイレを使えなかったり、同じレストランで食事することが禁止されていたような暗黒の時代です。 そんなときに出会った二人。白人のトニー・リップ自身、黒人に対する差別意識を持っていたのがドン・シャーリーと一緒に旅をし、彼の繊細さや優しさ、そしてピアニストとして類まれな才能に触れ、考え方を変えていきます。 そしてニューヨークとは比べ物にならないほどの人種差別を南部で目の当たりにし、自分にはどうすることもできない歯がゆさを感じます。 一方のドン・シャーリーは、南部の人種差別にも毅然とした態度で向き合い、時にはトラブルに巻き込まれながらもその度にトニー・リップに助けてもらい、彼を信頼していくのでした。 癖は強いけど、二人ともいい男だし、格好良かったですよね。特にドン・シャーリーを演じたマハーシャラ・アリのスーツ姿が決まっていました。 背が高くてスリムな黒人がスーツを着ると本当にびしっと決まりますよね。男から見ても惚れ惚れするもん。 マハーシャラ・アリは「キックス」や「ムーンライト」にも出演していますが、ゴリゴリのギャング役もできれば、ひ弱で上品な役もできるんだからすごいですね。雰囲気が全然違くて同じ人じゃないみたい。 それに対してトニー・リップを演じたヴィゴ・モーテンセンは、普段の姿とは違う、太ったおっさ. >>【ネタバレ】グリーンブックは実話!映画と事実の違いを解説! >>グリーンブックの海外の評価と感想まとめ >>グリーンブックの英語の名言名セリフまとめ. 「グリーンブック」人種の垣根を越えて友情の育つプロセスが、多幸感をくれる アメリカでは「ドライビング・miss・デイジー」になぞらえて語られがちだが、それよりもテイストが似ているのはフランスのコメディ映画「最強のふたり」の方だろう。. See full list on futtekonai. .

実話『グリーンブック』あらすじ(ネタバレ)・2人の友情はどうなる? グリーン ブック 実話 年3月15日 今回スポットライトを当てる映画は年3月1日に公開された映画「 グリーンブック 」. アカデミーありがとう。 ドクター・シャーリーに感謝します。ドクター・シャーリーのエッセンスをとらえて自分の中にいれようとしました。それが彼の生きた証です。そしてパートナーのヴィゴ、ありがとう。ピーター・ファレリー監督、リーダーシップを発揮してくれ仕事をする空気をつくってくれました。大好きですオクタヴィア・スペンサー。クリス・バワーズにも感謝。 そして祖母に感謝したいと思います。これまでの人生、ずっと「うまくいかなくてもがんばりなさい」と、僕がポジティブに考えるようプッシュし続けてくれた。娘と妻と、そして映画に貢献してくれたすべての人に感謝します。. 実話を元にした友情物語、映画『グリーンブック』を解説【あらすじ、感想、ネタバレあり】 MINORITY HERO編集部 年のアカデミー賞で、アカデミー賞では全5部門でノミネートされ、作品賞、助演男優賞、脚本賞の3つを受賞し、高い評価を受けた『グリーン. 。 ここでしばし、本筋とずれて説明します。 アメリカ合衆国では、白人を優れたものとし、有色人種を差別していました。 アメリカ南北戦争では、「(黒人の)奴隷制存続を主張する南部」と「奴隷を解放する北部」とが戦いました。 北部が勝利し、奴隷解放宣言が出されます。 ・アメリカでは北部よりも南部のほうが、黒人に対しての差別が激しかった ・1960年代でも、露骨に人種差別が行われている これらのことを憶えておくと、映画が理解しやすくなります。 水道工事の業者が使ったコップを、トニーがそのままごみ箱に捨てるという行為は、決して称賛されるべきことではありませんが、この時代にはありがちなことでした。 本人は悪気がなくても、世のなかで「白人のほうが優れている」という偏見が、はびこっているのです。. 前置きが長くなりましたが、映画『グリーンブック』の率直な感想は「面白かった!楽しかった!」に尽きます。 デタラメ上等でガサツなトニーと、知性に溢れ気高いシャーリーの食い違いっぷりが、テンポのよいセリフと編集で繰り広げられます。 中でも面白かったのが、ツアーの道中でケンタッキー州を走るシーン。 ケンタッキー・フライドチキンを巡るやりとりに、声を出して笑ってしまいました。.

実話を基にしたオスカー受賞作『グリーンブック』名エピソードがありすぎて困るほどだった! 年3月1日 17時37分. グリーン ブック 実話 実話作品とあって、トニー・リップとドクター・シャーリーは実在した人物。イタリア系アメリカ人のトニー・リップ(本名:フランク・アントニー・バレロンガ)は俳優としても活躍しており、デビュー作は『ゴッドファーザー』(1972)。HBOの人気シリーズ「ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア」()にも登場した。7年生(日本の中学1年生)までしか学校に通わなかったが、その話術とカリスマ性でフランク・シナトラなどの著名人や有名マフィアとも友達になった。 天才ピアニストとして知られたドクター・シャーリーは、ピアノの才能のほかにも8言語の習得や複数の博士号の取得などで「ドクター」と呼ばれた。1955年にアルバムデビュー。2人は『グリーンブック』で描かれる旅を通じて親友となり、晩年まで交友を続けた。 『グリーンブック』の製作・脚本は、トニー・リップの息子であるニック・バレロンガ。父からドクター・シャーリーとの旅の話を何度も聞かされて育ったというニックは、いつかこの旅の物語を映画にしたいと考えていたという。. 「グリーンブック」は実話を元にしたヒューマンドラマ、甲斐よしひろさんも推してます。写真ac この「グリーンブック」を甲斐バンドの甲斐よしひろさんがおすすめ映画として紹介してくれているのが、wowowの『フィルムガレージ』というコーナーです。. 映画『グリーンブック』 公開日:年3月1日(金) 監督:ピーター・ファレリー『メリーに首ったけ』『愛しのローズマリー』 出演:ヴィゴ・モーテンセン『イースタン・プロミス』、マハーシャラ・アリ『ムーンライト』、リンダ・カーデリーニ『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 原題:『GREEN BOOK』 © UNIVERSAL STUDIOS AND STORYTELLER DISTRIBUTION CO. グリーンブック創刊の背景には、「ジム・クロウ法」があります。 グリーン ブック 実話 ジム・クロウ法は、有色人種の自由な公共施設利用を制限する法律で、レストラン、トイレ、公共交通機関の席などは白人用と黒人用が分けられていました。 しかも、ただ分けられていただけでなく、黒人用は粗末な施設です。 映画内にも登場しますが、シャーリーは一流の演奏家として迎えられるのに、 黒人であることを理由に掘っ立て小屋のようなトイレを案内されたり、楽屋とは名ばかりの倉庫に通されたりします。 映画で描かれた1962年は、有名なリンカーンの奴隷解放宣言から100年も経っていますが、黒人差別は根強く残っていました。. 1962年。天才黒人ピアニストは、粗野なイタリア系用心棒を雇い、〔黒人専用ガイドブック<グリーンブック>〕を頼りに、あえて差別の色濃い南部へコンサート・ツアーへ繰り出す。旅の終わりに待ち受ける奇跡とは? まさかの実話! 年3月1日(金)全国ロードショー. さて、映画のタイトルになっている「グリーンブック」とは何なのでしょうか? グリーンブックは、かつて人種隔離政策が行われていた頃のアメリカで1966年まで刊行されていた、黒人向けのガイドブックのこと。 黒人が利用できるレストラン、ホテルなどが掲載されています。 映画では、このグリーンブックを携えて南部のコンサートツアーに出かけます。 白人ドライバーのトニー、黒人ピアニストのシャーリー、そして一緒に演奏するトリオのメンバー(白人)は、基本的に同じホテルに泊まります。 しかし、郡や州によってはそれができないので、シャーリーだけ黒人向けの宿に泊まらなくてはなりません。 白人が一方的に決めた棲み分けルールを守らないとトラブルの元、という時代だったのです。.

エンタメ 映画 グリーンブック マハーシャラ・アリ アカデミー賞 オスカー 海外セレブゴシップ 海外セレブ アワード特集 3月1日全国ロードショーの実話をもとにした映画『グリーンブック』から予告編にも登場する「あのシーン」も実話だった。. 引用元:映画「グリーンブック」公式サイト 映画の中でもトニーがこの本を手渡されて妻のドロレスと見ているシーンがありましたが、なんの本なのか気になったので調べてみたらこんなことがわかりました! 「グリーンブック」というのは、かつてアメリカ南部を黒人が旅行するために必需品だったガイドブックで、人種差別が激しいこの地域での黒人が利用することができるホテルやレストラン、ガソリンスタンド、トイレ、買い物できる店など、地域ごとでの黒人に対する法律の違いを細かく記してあります。 1936年に黒人のヴィクター・ヒューゴ・グリーンという人物が自費で出版し、毎年改訂版を出して1964年に公民権法の成立した後1966年まで活躍したそうです。 トニーはドン・シャーリーが安全にツアーを行えるようにこの本を見ながらホテルやレストランを選んでいました。. See full list on cinemarche. 。 条件を聞いたトニーは、世話まではしない、週給は125ドルにしろと交渉しますが、ドクターから帰るように言われてしまいます。 トニーは大事な腕時計を質屋に入れて金を作った後、行きつけのパブにやってきました。 そこにはマフィアの幹部たちがおり、トニーに仕事を持ちかけますが、彼はどれも断ってしまいます。 翌朝トニーの家にドクターから電話がかかってきました。 ドクターはドロレスと会話をしたいと言って、彼女にトニーが2ヶ月家を空けても大丈夫か聞き. その日を皮切りに西へ移動するトニーは、車中でドクターに「なぜリップと名乗っているのか」と訊かれます。 リップというのは、幼い頃に「デタラメがクラスで一番うまかった」からでした。 ドクターは、それが栄誉なことかと訊きますが、「嘘ではなく、デタラメなのだから」とトニーは誇ります。 (嘘つきだと悪い意味に取られがちだが、ほら吹きだと想像力が問われる) トニーが車中で流すラジオの曲に、ドクターが興味を示します。 チャビー・チェッカー、アレサ・フランクリンの曲をトニーは紹介し、ドクターもそれらの曲に親しみました。 ある雑貨店の店先に、ヒスイ石が落ちていました。 トニーは落ちているヒスイ石を拾い、自分のものにします。 (石は売り物なのだが、たまたま1つが土の上に落ちていた) チェロ奏者のオルグがそれを見ており、ドクターに告げ口します。 ドクターは「金を払ってこい」と注意しました。 金を払わないのならば戻してこいと注意され、むっとしながらトニーは返しにいきます。 (とみせかけて実は、トニーは手に入れている!)←あとで出てくる、覚えておいて 〔インディアナ州 ハノーヴァー〕 コンサートの会場にあるピアノが、スタインウェイではありませんでした。 トニーが注意します。 むっとした店主は「問題はない」と返しますが、トニーが問答無用で、グーでパンチしました。 結果、あっという間にピアノは、スタインウェイに代わります。 コンサートは問題ありませんでした。 〔アイオワ州 シーダー・ラピッズ〕 トニーは妻のドロレスに、手紙を書いています。 ケンタッキー州へ入った頃、トニーはドクターに家族がいないのかと訊きました。 ドクターは「兄がどこかにいるが、居場所は知らない」と答えます。 また、若い頃にジューンという妻と結婚していたと言いますが、夫とピアニストの両立が難しいという理由で、すぐに離婚したと話しました。 ドクターの家族の話を聞いていたトニーは、前方においしいと評判の、カーネル・サンダースの店を見つけます。 購入したトニーは食べて、おいしいと言いました。ドクターにも勧めます。 「食えよ」と半ば押し付けられたフライドチキンを食べたドクターは、気に入りました。 食べ終わった骨をどうするかとドクターが訊くと、トニーは車の窓から抛ります。 それを見たドクターは喜んで、自分も骨を抛り捨てました。 トニ.